サステナビリティ

CONTENTS

サステナビリティに対する
考え方

ダイバーシティ経営

アイレックスでは、従業員の多様な価値観を尊重し、一人ひとりがその適正と能力を最大限に発揮できるような組織作りに取り組んでいます。特に労働力確保やイノベーションの創出などといった企業価値向上の観点から、性別や国籍、障がいの有無にかかわらず、多様な人財が活躍できる環境作りは重要な経営課題の1つであると考えており、当社では特に、女性、高齢者、障がい者に関する施策に力点を置いて、これを推進しています。

女性に関する取り組み

アイレックスでは、女性従業員が働きやすい職場環境を整備するとともに、女性従業員が個性と能力を十分に発揮し、安心してキャリアを形成していけるよう、様々な取り組みを推進しています。また、女性が雇用・就業機会において、性差による不利益的取り扱いを受けることがないよう、公平・公正な評価制度を導入しております。

女性に関する取り組み
  • 女性役職者人数・比率

    女性役職者人数・比率

    ※役職者:主任以上

  • 従業員の女性比率

    従業員の女性比率

新卒の女性採用比率

  採用者数(女性) 女性割合
2018年度 49(14) 28.6%
2019年度 45(16) 35.6%
2020年度 35(10) 28.6%
合計 129(40) 31.0%

女性従業員のキャリア形成促進のための制度はこちら

ワークライフバランスの推進

シニアに関する取り組み

アイレックスでは、定年退職者の再雇用制度を整備しております。高度な技能を有した即戦力人財としての役割や、豊富なノウハウを下の世代に伝える役割など、個々の能力に応じた働き方ができるような体制を整えております。原則、定年に達する正規従業員全てに対し、再雇用の意思を確認するとともに、希望する全ての社員を再雇用することとしています。引続き、シニアの活躍を積極的に推進してまいります。

シニアに関する取り組み

障がい者に関する取り組み

アイレックスでは、障がい者の活躍支援にも積極的に取り組んでおります。人事総務部門を中心として、障がい者支援に係る総合的な支援策の立案・実行に向けたさまざまな取り組みを推進しており、抱える障がいの種類や程度を問わず、あらゆる症状に対する理解と、きめ細かな対応によって、障がい者にとってより快適で働きやすい環境づくりを目指しています。

障がい者に関する取り組み

障がい者雇用率

人数:5名(2020年4月1日時点)